観光列車おれんじ食堂 新型コロナウイルス感染防止対策について

最終更新日:
観光列車おれんじ食堂におきましては、通常1編成当りMAX43名までお客様を受け入れるところを概ね半数程度の販売席数とし、
お客様同士の十分な空間を確保する他、感染防止対策についてマニュアルを作成して取り組みを徹底しお客様と従業員の健康と安全を守って参ります。
 尚、その他の通常運行の列車につきましても、運転士のマスク着用、車内消毒の実施等の感染防止対策を引き続き実施しております。

1.おもな感染防止対策について
(1)お客様同士の距離を確保するため、向かい合わせになる席を未使用とするなど、「おれんじ食堂」の定員数を減らして運行いたします。
(2)停車駅ごとに乗降扉を開放するなど、車内の換気を徹底します。(車内の換気扇設備により、約5分で車内の空気は入れ替わります)
(3)客室乗務員はマスク着用および手指消毒を徹底します。
(4)受付時、ご乗車のお客様に体調についてお尋ねいたします。
(5)各便、車内のテーブル・イス等のアルコール消毒を行い、お客様をお迎えします。
※感染防止対策の詳細につきましてはこちらのページをご覧ください→新型コロナウイルス感染防止対策について

2.その他の列車等における感染防止対策
(1)乗務前の運転士の健康状況の確認、マスクの着用、車内の1日最低2回以上の消毒
(2)主要駅での手指消毒用のアルコール設置、駅務員のマスク着用、駅窓口の飛沫防止シート設置等

■本件に関するお問合せ
肥薩おれんじ鉄道株式会社 営業部
電話:0996-63-6860  営業時間:9時~17時30分
このページに関する
お問い合わせは
(ID:510)