令和2年7月豪雨による被災箇所の復旧状況及び一部区間の運転再開について

最終更新日:

被災箇所の復旧状況及び一部区間の運転再開について、以下のとおりお知らせいたします。

 

利用者の皆様には大変ご迷惑をおかけしております。

 

 

1) 災害復旧の進捗状況について

 

被災した線路・橋梁などの施設関係76箇所、電気設備関係16件のうち、土砂、倒木の撤去や機器の交換などが完了したものが施設関係10箇所、電気設備関係3件、道床の陥没の埋め戻しなど応急作業が完了しているものが施設関係47箇所、電気設備関係9件となっています。

また、その他の箇所等についても、一部未調査箇所を除き、順次、施工を開始しています。

なお、今のところ、全線での運転再開は本年10月末以降を見込んでいますが、復旧工事の進捗、調査中の箇所等の状況によって左右されることがあります。

 

 

2) 運休区間の一部運行再開について

 

令和2年8月8日(土曜日)より、運休区間のうち佐敷~水俣間の列車運行を再開しております(一部の列車については運休となります)。

これにより、運行区間:佐敷~川内 / 不通区間:八代~佐敷 となります。

 

 

※ 代替バスの運行区間・運行時刻について

 

8月7日まで八代~水俣間において運行していた代替バスは運行時間を変更し、八代~佐敷間の運行となっております。

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:570)